【必見!】 卓球 威力の出る打球のタイミング 

卓球戦術

今回は卓球において大切な打球のタイミングについて

①前置き

②適切な打球タイミング

の2点についてお話します。

前置き

多くのプレイヤーが速く、回転量の多い威力のあるボールを打ちたいと思っているはずです。

威力のあるボールを打つにはラケットでボールを打つタイミングが非常に重要で、安定感と威力に関わってきます。

ドライブの安定感と威力がなく、相手に簡単に返されてしまう場合は、打球位置を見直すことで改善できるかもしれません。

適切な打球タイミング

卓球においてタイミングは非常に重要で、慌てて早く打つよりも、落ち着くほうがよい結果を生みます。

それぞれの技術の適切な打球タイミングについて解説していきます。

チキータ

チキータなどの台上バックハンド技術においては、ボールが台上にあるうちに打球する必要があります。

打球が遅すぎたり、早すぎたりすると、ネットミスやオーバミスに繋がります。

チキータなどの台上バックハンド技術においてはボールが頂点に達したときに打球してください。

軌道の頂点では一瞬ボールが止まるので、しっかりと回転をかけ返すことで、自分のボールにすることが出来ます。

ブロック

ブロックは出来るだけ早い位置でボールをとらえる必要があります。

ブロックが遅れるとボールが浮くため相手に攻撃されやすくなります。

威力を出したい場合は頂点でとらえて強く前に押し出してください。

バックハンドドライブ

バックハンドドライブでは、頂点を過ぎた後が適切なタイミングになります。

バックハンドドライブではスイングが自然と、上方向と前方向の力を生み出します。

そのためはややタイミングを遅らせて落ちてきたところでスイングをすることで自然と回転がかかり威力のあるボールを出すことが出来ます。

フォアハンドドライブ

フォアハンドドライブでも、頂点を過ぎた後が適切なタイミングになります。

ドライブ対決においてはお互いのボールにスピードと回転がかかっています。

頂点を過ぎた場所ではスピードと回転がやや落ちるので、頂点よりやや後の打球が安定感を生みます。

相手がカットマンの場合はネットミスを避けるために、頂点でとらえて下さい。

カット

カットにおいては腰から少し下の位置でとらえるのが最適と言われています。

カットのタイミングが早すぎるとボールが高く振り下ろすのが難しくなり、回転量が少なくなります。

カットにおいてはしっかりと引き付けて打球位置を落とすことが回転量を上げる秘訣になります。

まとめ

図のように5つの打球位置に分けると

・チキータ:2-3

・ブロック:2-3

・ドライブ:4-5

・引き合い:5

・プッシュ:3

・カット:5-

・対カット:3-4

とまとめることが出来ます。

チキータがうまく決まらない人や、下回転を持ち上げられない人はタイミングを見直すことで一気に上達します。

ドライブやカットの威力向上にもタイミングが重要なので、適切なタイミングで打つ練習をすることで上達が早くなります。

その他のおすすめ記事はこちら

今回の内容が役に立てば幸いです。

次回の投稿でお会いしましょう!よい一日を!

コメント